一般的な自然のむくみの原因は、重力です。

長い時間立っていると、重力で身体の中の水分が
下半身にたまり、足がむくみやすくなります。

反対に体を横にすると
体内の水分は全身に流れやすくなり
下半身のむくみは解消され、代わりに
顔がむくみやすくなるのです。



足のむくみ解消法

ためしてガッテン、むくみ解消術

足のむくみの原因と足のむくみ解消法マガジンです。
こんにちは。


NHKの「ためしてガッテン」でむくみをテーマにした
放送をしていました。

むくみは、足の血液の流れが悪くなって水分がたまってできます。
どうすれば血流がよくなるのでしょう?
むくみは、解消されるのでしょう?

ということで、
血流をよくしてむくみにくくする方法を
紹介していました。

紹介していたのは、2つの運動です。
筋肉ポンプ(足首曲げ)と、おなかポンプという方法。

まず、筋肉ポンプ(足首曲げ)

足を軽く前に出し、ゆっくりと足首を上に曲げます。
ポイントは、ふくらはぎの筋肉を動かしているという意識すること。
5回~10回を1セットとして、30分~1時間に1セットぐらい行うと
効果的です。

むくみ改善の原理は、足首を軽く曲げたときに
ふくらはぎの筋肉が静脈を押し、ポンプのように血液を流すことらしい。

次におなかポンプ

腹式呼吸をして、後ろに反り返ります。
反り返りながら息を吸い、元に戻りながら吐くとやりやすい。

注意:日ごろあまり体を動かさない方や、腰痛の方、腰痛の経験のある方は
腰を傷めたりする危険もあります。
無理せずに、充分注意して行ってください。

腹式呼吸をするとお腹の中の圧力は、息を吸ったときに強まります。
その強まった圧力で、お腹の静脈がいったん押され
息を吐くと圧力が弱まって、静脈の流れがよくなり
血液の流れがスムーズになるということらしいです。

イナバウアーの姿勢は、
全身運動による血流促進・腹式呼吸をやりやすくするなど・・・
静脈の還流を高めてくれると考えられます。

筋肉ポンプとお腹ポンプを両方の体操を行うと、より効果的だそうですよ。
テレビのCM時間中にでも、試してみてください。


足のむくみの原因と足のむくみ解消法マガジン

コメントを投稿

名  前 :
メールアドレス:
U R L:
この情報を登録しますか?
コメント:
(スタイル用のHTMLタグが使えます)